Skip navigation

よくある質問/Q&A ヒーター

Q1: エアヒータとは何ですか?


A: エンジンを掛けずに車室内を快適な温度に暖める独立型のヒータです。ヒータへ燃料と空気を送りそれを燃焼させます。その熱でヒータ内を暖め、冷えた車室内の空気を吸入しヒータ内を通して暖め、温風を吹出口から送風して車室内を暖める空気循環型の燃焼式ヒータです。※取付け及び修理サービスは弊社のトレーニングを受けた認定店にお問い合わせください。

Q2: ウォータヒータとは何ですか?


A: エンジンを掛けずにエンジンの冷却水と車室内を暖めるヒータです。エンジンの暖気運転が不要で、車室内の補助暖房に最適です。ヒータ本体をエンジンルームに装着し、エンジンの冷却水回路に組み込みます。ヒータが冷却水を暖め、最適な温風が車両の空調ダクトを通して車内を暖めます。

Q3: 燃料は何を使用するのですか?


A:ガソリンまたは軽油です。車載の燃料タンクの燃料を使います。また、別に燃料タンクを取付けたい要望のお客様には、後付けの燃料タンクを用意しています。

Q4: 電源は何ですか?


A: 車載のバッテリーを使います。全てのヒータには低電圧防止機能が付いています。トラック等で仮眠用に使用するのであれば心配はありませんが、電化製品を多く使用するキャンピングカーの場合は、サブバッテリーの使用をお勧めします。

Q5: エアヒータの燃料消費はどの位ですか?


A: 取付けされる機種によって違いますが、トラック用のエアトロニックD2は時間当り0.18ℓ平均です。大型トラックのアイドリングの約1/10程度と少量です。キャンピングカーの場合、2000ccガソリンタイプであればアイドリングの約1/6程度です。

Q6: エアヒータを取付けると、どんな良い点がありますか?


A: 寒い時期、エンジンを掛けずに快適な暖房が得られます。また、タイマー利用で事前に車内を暖めておくことができますので、出発前のフロントの霜取りも簡単です。よって燃料代が節約できます。更に排気ガスも微量ですので環境保全に繋がります。厳しい寒冷地では、ワンボックスカーの後席の補助ヒータとしても最適です。

Q7: 一酸化炭素中毒の危険性はありませんか?


通常の使用には危険性はありません。このエアヒータは一般的にFFヒータと呼ばれています。(Forced Draught Balanced Flue Type)これは燃焼用空気の吸入と排気ガスの収拾は車室外ですので、車室内の空気をクリーンに保つのが特徴です。したがって、車内に排気ガスが入る危険性はありません。しかし、雪国において車体が雪で埋まってしまう場合には注意が必要です。排気ガスが積雪により大気に放出されず、車内に戻ってきてしまうケースが考えられます。アイドリングに比べ排気ガスは微量ですが気をつけてください。

Q8: 車両購入後の後付けは可能ですか?


A: 基本的には、どんな車両でも後付けは可能です。乗用車やワンボックス車の補助用やトラック、キャンピングカー、ヨットやモーターボート、そして建設機械など様々な用途に応じて取付け出来ます。取付けに関してのご相談は、弊社指定のサービスショップまたは当ウェブのお問い合わせページからお問合せください。

Q9: エアヒータを取付けた車両の改造申請は必要でしょうか?


A: 申請は必要ありません。
※ヒータ取付け車両の申請は必要ありませんが、車検に通らないサイズ、重量、積載量等には注意が必要です。

Q10: 本体価格と取付け費用及び時間を教えてください。


A: 車種により、取付け費用と時間は異なります。これらに付きましては、本体価格と共に最寄りのサービスショップにお問い合わせください。

Q11: メンテナンスはどうすれば良いのですか?


A: 全てのお客様に、使用しない季節でも1ヶ月に一度は10分程度作動していただく事をお願いしています。それ以外は特にございません。トラックのお客様にはシーズン前の定期点検を1年毎行う事を推奨しています。キャンピングカーのお客様には車両の整備をRVビルダーへ依頼する際、ヒータの確認も併せて依頼してください。

Q12: ヒータを使用する際の注意点を教えてください。


A: 空気の吸入口と温風の吹出口近くに遮蔽物が無いか毎時確認してください。また、万が一、ヒータの調子があまりよくないとお感じになられましたら、お取付けのサービスショップ又は当ウェブのお問い合わせページからお尋ねください。

Q13: ヒータの信頼性について教えてください。


A: 弊社が提供しますヒータはドイツで生産され、世界40カ国以上で愛用されているグローバルスタンダードなシステムです。地球温暖化防止、環境保全に最適な機器として、ヨーロッパ、アメリカ、カナダ等で多くの車両、船舶、特殊車両に装着されていますのが何より信頼の証です。

Q14: 修理は何処でやって貰えますか?


A: 基本的にはお取付けの取扱店又は弊社サービスショップで行います。サービス対応のお問合わせ、ご相談はサービスショップ又は当ウェブのお問い合わせページからお尋ねください。

Q15: 製品の保証はどうなっていますか?


A: 全てのヒータを対象に、お客様の適正な使用にもかかわらず生じた不具合に対し、ヒータ取付後の1年間は無償保証がついています。取付け後の保証書の保管をお願いしています。