Skip navigation

働く職場に最適な暖房

エバスのトラック用エアヒータが、全日本トラック協会の導入助成対象商品に設定されているのには理由があります。

エアヒータはエンジンをかけずに室内を快適に暖めますので、これまでのアイドリング音に悩まされながら休憩・仮眠する、精神的・肉体的苦痛からドライバーを解放します。

排気ガスを気にせず、静かな車内でゆっくり休憩できますので、ドライバーの満足度も上がり、作業効率を高めることに繋がるからです。

また、もうひとつの暖房システムのウォータヒータは、同じくエンジンをかけずにエンジンの冷却水を暖め、車両の空調ダクトから温風を送ります。荷室の暖房にも効果を発揮します。

  • ドライバーは高速道路のパーキングで快適に仮眠できます
  • CO2の排出を抑え、燃費を大幅削減します
  • 厳寒期でも安全に、快適スタート
  • ドライバーの満足度が上がり、作業効率がアップします
  • 導入には全日本トラック協会の助成金が受けられます(エアヒータ)
  • 荷室の商品を冷害から守ります(ウォータヒータ)

大型トラックで年間157,950円の燃費が削減できます

(エアトロニック D2 を、6時間/日x25日/月x5ヵ月/年に使用した場合)
トラックのアイドリング時の燃費:1.8ℓ/h、エアトロニック D2の燃費:0.18ℓ/h、軽油:130円/ℓ